NPO法人シャロームの会

電話でのお問い合わせは022-293-4345
〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺2-3-1 長屋ビル

TOP > 会のご案内

会のご案内

理念

あなたは そのままで 素晴らしい存在です
「自分は愛すべき存在である」ことに気づきましょう。愛するということは、自分も周りの人も大切にすることです。
「シャローム」はヘブライ語で「平和」を意味します。
当会では「どんな時も大丈夫」と訳して合言葉にしています。

  • 生活訓練
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援B
  • 就労定着支援
  • 共同生活援助(グループホーム)

以上のような多機能型の支援を行っている障がい福祉サービス事業所です。

理事長挨拶

 シャロームの会が誕生したのは、2000年に恩師の娘さんの後見人を頼まれたことが始まりです。それから ※〈職親事業制度〉を利用して、シャローム行政書士事務所でハンディをもった方々を受け入れることになりました。

 その後受け皿を増やすために、小規模作業所を経て、2003年にNPO法人シャロームの会として法人格を取得。2006年に第一号店「太陽とオリーブ」を新寺にオープンしました。
 2007年に仙台市より障がい者福祉サービス事業所の指定を受け、現在は多機能事業所として自立訓練・就労継続支援B型・就労移行支援を行っています。市内に8事業所・5店舗の総菜・お弁当・レストラン等を運営しながら、利用者さんの障がい特性や自立度に合った適切な場所で訓練をしていただいております。
 また社会的入院を減らし、地域での自立した生活を目指すために、西宮城野と愛子にグループホームを開設しました。
 そして2019年春、田子西の複合施設〈オープンビレッジ・ノキシタ〉にレストラン「オリーブの小路(こみち)」と「オリーブの杜ほいくえん」をオープンしました。

 多世代が交流しながら、障がいがあっても無くても一人ひとりが誇りをもって安心して社会参加できるように、これからも皆さまと共に元気なネットワークづくりをしていきたいと思います。

※職親制度:1970に制度化された「精神障がい者社会適応訓練事業」

特定非営利活動法人シャロームの会 理事長
菊地 茂 (行政書士)

沿革

シャロームの会のこれまでのあゆみ

2000年 5月 ◆職親事業所として就労支援始まる
2003年12月 ◆NPO法人シャロームの会 法人取得
2004年 4月 ◆小規模作業所「アトリエぶどうの木」開設
2006年12月 ・「カフェギャラリー・太陽とオリーブ」開店
2007年 3月 ◆指定障害者福祉サービス事業所「アトリエぶどうの木」の指定を受ける。
2009年 4月 ・就労移行施設「ノア」事業所開設
2011年 5月 ・レストラン「オリーブの風」開店
・グループホーム「西宮城野ハーモニー」開設
2012年 5月 ・「カフェ・オリーブガーデン」開店
2012年12月 ・総菜・お弁当「キッチンハーモニー・ポコ」開店
2013年 4月 ◆指定障害者福祉サービス事業所「オリーブの樹」の開設
2016年 8月 ・「洋食厨房・オリーブの杜」開店
2017年 8月 ・「ゆめの里・事務センター」開設
・グループホーム「愛子ハーモニー2」開設
2019年 5月 ・レストラン「オリーブの小路」開店
・「シャロームの杜ほいんえん」開設

ページトップへ